> 鮪ネタ> 【火を使わない】漬けマグロアボカド丼【レシピ】

2018.07.18

【火を使わない】漬けマグロアボカド丼【レシピ】

ルイ

漬け丼

まぐろ(解凍)が、20パーセントオフー!!!!

20%オフのマグロ

夏場は、

いつ生まれたのかわからない解凍のマグロ

どこで生まれたのかわからない海外産のマグロ

が出回っていますね!旬ではないためでしょうか!

 

この日は角切りのめばちまぐろが100g、135円で売っていました。

 

135円の20パーセントオフということで、

なんと100グラム衝撃の108円! 100均かよ

 

売れ残ったマグロで漬け丼!大人も子どもも喜ぶ一品レシピ

解凍マグロは、そのまま放っておくとどんどん鮮度が落ちてしまうため、すばやく調理することが大切。

 

こんなとき私は、『漬け丼』を作ります。

タレの材料

タレの材料はこの4つ◎◎◎◎

左から

  • 砂糖 小さじ1
  • 豆板醤 小さじ2分の1
  • ごま油 小さじ1
  • さしみ醤油 大さじ2

タレの材料

約300gのマグロに対して、このくらいの量です。

ボウルにすべての材料を入れ、混ぜます。

調理中

角切りのマグロを食べやすい大きさに切って、タレと絡め合わせます。

 

マグロ全体にタレが絡んでいることを確認したら、ボウルにサランラップをして冷蔵庫に30分寝かせます。

 

その間に、どんぶりの材料をそろえましょう。

漬け丼の材料

材料は5つ◎◎◎◎◎

  • ミニトマト 6つ
  • 納豆 2分の1パック
  • ねぎ 少量
  • アボカド 2分の1
  • たまご 1個

 

お好みで、もみ海苔、白ごまもおすすめです。

 

トマトは大きくてもかまいませんよ!

納豆も、ひきわり、あらびきお好みのものを♬

マグロ丼に最適!レンジで1分、簡単!温泉玉子のつくりかた

材料の卵は、漬け丼に最適な温泉玉子にします。

電子レンジだけで作れて、うどん、シーザーサラダ、すき焼きなど、さまざまなお料理に使えるので覚えておいて損はないです!

マグカップに200㏄の水を入れて、卵を割り入れます。

温泉玉子のつくりかた

600wで1分20秒、チン!

できあがりはこちら。

温泉玉子完成!

スプーンですくって、完成したお料理にのせましょう。

火を使わないでOK!簡単レシピの秘密……!

このレシピのよいところは、なんといっても火を使わないということ。

温泉玉子以外の材料は、カットするだけでOKです。

アボカドの切り方

アボカドは、真ん中から包丁を入れ、2つにカット。

このような状態にした後で、皮をむいて食べやすい大きさに切りましょう。

余談ですが、アボカドは皮がないとどんどん変色してしまいますが、種のある方は比較的きれいな色を保っていられます。

アボカドの保存方法

食べない方には、レモン汁をかけ、サランラップでくるんで冷蔵庫に保存しましょう。

(とはいっても、賞味期限は3日ほどです)。

切った食材

続いて、すべて食べやすい大きさにカットした具材を、ごはんをよそった丼の上に盛り付けます。

納豆のたれは入れても入れなくても味に変化はあまりないので、お好みでどうぞ。

漬け丼

冷蔵庫のマグロを出し、温泉玉子をのせたら、完成!

火なし、レンジのみで、めっちゃ簡単です!

 

私は、マグロを漬けていたタレも全部かけます。

友だちが自宅に遊びにきたときにサッと出すと、彩がよくとても喜ばれるので、おもてなしにもピッタリ!

漬け丼は最初に混ぜよう

食べる前に全ての具材を混ぜて、食べてください。

マヨラーの方はマヨネーズもあいますよ♡

 

格安のマグロを見つけた方はぜひ、お試しください!

小学6年生の息子も大好きな、おしゃれどんぶりメニューでした。