> 解体ショー事例> 見て楽しい、食べておいしい!マグロ解体ショーを初体験してきました!

2018.06.14

見て楽しい、食べておいしい!マグロ解体ショーを初体験してきました!

吉川ばんび

  • 9
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア

「マグロの解体ショー」

誰でも一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか。

でも、実際にマグロの解体ショーに行ったことがあるという人は、意外に少ないと思うのです。

実際私も、「楽しそう」と思いながらも機会がなく、マグロの解体ショーには行ったことがありませんでした。

ところがそんな折、鮪人の方から「マグロ解体ショーやるからおいでよ!」というお声がかかったのです。

私「……まったくの素人なんですけど、行ってもいいもんなんでしょうか……?」

鮪人の人「ええよ!」

やったーーー!!

ということで、マグロの解体ショーに行ってきま〜す!!!

合法的にマグロが食べられる〜〜〜〜〜〜!!!!

間近で見られる解体ショー


というわけで、今回は京都にある大日倉庫株式会社さんまでやってきました。

会社の懇親会のイベントとして、鮪人さんにマグロの解体ショーを依頼したのだとか。社長さん、太っ腹だなあ……!


そうこうしているうちに解体ショーが始まりました。

マグロがデカイ……!!

この日のマグロはおよそ50kgの養殖「本マグロ」。昨日水揚げしたそうなのですが、マグロは新鮮なものより、数日熟成させたほうが旨味が出ておいしいらしいのです。

体長は130センチくらいかな? 初めて間近で見るマグロの迫力は想像以上です。


なんと、ショーが始まる前に少しだけマグロに包丁を入れさせてもらえました! お子さん大喜び。私も大喜び。

尻尾のほうに切り込みを入れる作業をさせてもらったのですが、思ったより力が要ります。お子さんが包丁を持つときは、鮪人の社長さんが補助をしてくれるのでご安心を!


鮪人の社長さんにバトンタッチ。包丁さばきが早すぎてブレてる。本当に早かったんですよ……


マグロの頭です。やっぱりデカイ〜〜〜。

社長「これをですね」

社長「こう」

観衆「おお〜〜〜〜〜」パチパチパチパチ(拍手)


私もやった。

「今しかできへんで!」とか言われたらやるしかなくないですか?

 

鮪人さんの解体ショーはこんな感じで、ちょいちょいショーに参加させてもらえます。「マグロの頭をかぶるなんて子供は怖がるんじゃ……?」という私の心配をよそに、子供、めっちゃ行列つくってました。めっちゃ並んでた。大人気じゃん。


さて、いよいよ解体ショー本番へ。目つきが変わって大胆な包丁さばきを見せる社長さんに、見ている大人たちからも思わず「おお〜」という歓声が上がります。


あっという間に大きな身が取れました。


今どこを切っているか、を説明しながら解体していく手際の良さがハンパじゃない。サービス精神旺盛なトークも、楽しい解体ショーを作るポイントです。


いわゆる「中落ち」の部分!

中落ちは筋がなく、旨みが詰まっていて大変おいしいのだそうです。

でも鮪人の解体ショーの場合、大将の腕が良すぎて中落ちがほとんど残らない(捌き方が上手く、骨に身が残らない)そうなので、もし中落ちがたくさん食べたい人は事前のオーダーが必須です!


ここが大トロだー! うおー!!食べたいーーー!!!(みんなめっちゃザワザワしてた)

「慌てなくてもちゃんとみんなに行き渡るので安心してください」とのことです。前のめりになってすみませんでした。

 

お待ちかねの実食タイム

さて、解体は一旦落ち着いて、いよいよマグロを食べる時間がやってきました。

開始からここまでで大体20〜30分くらい。大興奮していたら、あっという間に解体ショーが終わってしまった……。

この日ふるまわれるのは、「マグロのお寿司」だとのこと。天然本マグロのお寿司……絶対に食べたい……!


見てください、この大トロ。美しすぎませんか……?

「今からこれ食べれんの? 本当に?」とか思ってたら、一人でめっちゃニヤニヤしてしまいました。


お寿司用に切り分けられる大トロちゃん。くるぞ……大トロがくるぞ……っ!!


OSUSHIきたーーーーーーーーーー!!!!!

キャッホーーーーーーーーーーーー!!!!!


ほほえみが止まらない。


いただきます。


うっま。

何これ何食べてんの?罪?

脂の乗り方が尋常ではないです。「口の中に入れると溶ける」って、多分こういうことです。初めての体験。

正直今まで、マグロってちょっと「水っぽい味がするな〜」と思っていたんですが、このマグロは全然水っぽくないんです。

身が引き締まっていて、味がしっかりしているんですよね。


ちなみにお寿司は「おかわりOK」だったので、常にこれくらいの行列ができていました。これは並んででも食べちゃうよね……。

 

続いて、今回のダークホース枠がこちら。

「鯛汁」です。

今回使用されているのは、愛媛県で養殖された鯛。


この日の朝まで泳いでいた鯛だそうで、身がプリップリです。

鮪人の方いわく、「こんな新鮮でいい鯛をスープにするなんてすごい贅沢だよ〜」とのことでした。わかる〜〜ほんと贅沢〜〜〜〜。


これが完成品。ご覧ください、「見てわかるおいしいやつ」です。


(笑)。

思わず「なんだこれーー!」って言った。

こんなに鯛の出汁が出てるスープを飲んだのは初めて、というくらい味がしっかりしていました。一口飲んだだけでも、口の中に旨味が広がります。

鯛の身もやわらかく、箸でつまむとホロホロと骨から外れました。これがまたおいしいんだ……。

 

初めてのマグロ解体ショーを終えて

さて、私にとっては初めてのマグロ解体ショーだったわけですが、感想を一言で言います。

いやもう、最高。

 

大人になってからあんなにワクワクしたのも初めてだし、何よりお腹いっぱいになるまで新鮮でおいしいマグロを食べられるってなかなかできない経験だと思うんです。

鮪人さんの解体ショーはお客さんが参加できるシーンもたくさんあって、より楽しめるような工夫もされています。(しかも、普通のマグロ解体ショーの料金の相場にくらべて、鮪人さんはかなり安いそうです)


イベントとしても大盛り上がり間違いなしですし、「会社で何かイベントをしたい」とお考えの場合は、鮪人さんのマグロ解体ショーを企画してみてはいかがでしょうか。

今回は200人ほどの規模での解体ショーでしたが、全員がお腹いっぱいになるほどマグロを食べることができたので、物足りなさを感じることはないかと思います。

 

以上、マグロ解体ショーのレポートでした!ごちそうさまでした!

  • 9
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア