> 解体ショー事例> クリスマスシーズンのアミューズメント施設でマグロ解体ショー!

2014.12.17

クリスマスシーズンのアミューズメント施設でマグロ解体ショー!

鮪人(まぐろびと)鮪人(まぐろびと)

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア

こんにちは!鮪人です。

時季はクリスマスムード真っ只中。アミューズメント施設のグランドオープンでのご用命です。

 

グランドオープン&クリスマスと、施設内は多くのお客様で盛り上がっていました。

 

そんな多くのお客様全員に握り寿司を配りきれるのか?クリスマスシーズンにマグロは喜ばれるのか?

 

ご注目ですね。

 

それでは見ていきましょう!

 

準備段階から多くの人だかり!お客様に大変期待されてのスタートです。

まだ解体ショーのアナウンスが無いにもかかわらず、すでにお客様に取り囲まれているのがおわかりでしょうか?

 

社長の包丁にもつい気合いがこもってしまいます。いつも通り頭から順に手際よく捌きますよ~。

あっという間に中骨まで取れちゃいました!

 

 

 

 

50キロのメバチマグロで約1,000貫!お客様に十分行き渡ります!

こんなに並ばれても大丈夫です!

 

メバチの赤身3貫盛りにしても約333人分。もう一周回ってこられても大丈夫な量はご用意させて頂いています。

 

捌きたての身がキレイに横たわっていておいしそうでしょ?

捌きたてのマグロは黒っぽいんです。時間が経ち酸化すると、いつもの「赤」になるんですね。黒っぽいマグロは新鮮さの証!

解体ショーでしか見ることは出来ませんね!

 

クリスマスの寒い時季だからこそ、マグロ解体ショーなんです。

一般的にクリスマスはチキンやターキーが有名ですが、寒い時季こそマグロが1番おいしくなるシーズン。鮪の旬はやはり冬。

 

そんなことは知っているというあなたはもう既にマグロ通。

 

知らなかったというあなたは「人が集まる寒い時季には鮪人」と覚えて下さい!

 

おいしそうに食べるお客様の笑顔が多く印象に残った解体ショーでした。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • share
    LINEでシェア